撮ったままになっていませんか?大切な写真を残す方法

放置されたままの写真はありませんか?

デジタルカメラやスマートフォンなどの普及で、手軽にいつでも写真が撮れる時代になりました。そのため、何気ない1コマから大切な行事の思い出など、膨大な数の写真を撮ったまま放置しているなんてことありませんか?パソコンにも入れずに、カメラやスマホに入れたまま忘れている写真もあるかも。もしかしたら、一生の思い出になるような大事な写真を知らないうちに消してしまっているかもしれません。そんなことにならないように、たまには写真の整理をしてみませんか?

意外と寿命の短い記憶媒体

写真を保存する方法として、すぐに思いつくのがパソコンに取り込むことでしょう。とりあえず保存しておけば大丈夫、そしてそのまま放置。これでは、カメラに入れたままにしておくのとあまり変わりがありません。では、他の記憶媒体(SDカードやDVDなど)に保存すれば安心なのでは?ところが、意外に思いますが、SDカードは5年から10年、DVDも10年から長くて100年の寿命なんだそうです。100年もてば良いのかもしれませんが、静電気などの影響でいきなり消えることも珍しくないそうです。パソコンにしても故障すれば、中の写真も一緒に吹っ飛んでしまいます。他に、何か確実な方法はないのでしょうか?

手軽にオシャレなアルバム保存

インターネット上に写真を預ける方法はどうでしょうか?最近よく聞く、クラウドサービスです。パソコンが故障しても写真を守ることができます。ただし、ネットにつきもののセキュリティの問題は避けられません。また、写真を預けているサービスが終了するとデータも失われる危険があります。やっぱり確実に残すのなら、プリントアウトするのが一番かもしれません。お気に入りの写真を選ぶだけでオシャレなフォトブックができるサービスなどもありますよ。絶対失いたくない写真なら、いくつかの保存方法を組み合わせておけばより安心です。

大切な時を写真におさめたら、フォトブックを作ると良いです。一冊の本にまとめてくれる上に画質も良くコメントも入れられるので、満足度は高いです。